最近のレッスンはこんなボイトレやってるよ!【質問メッセージ&回答付き】

ここ数年、自分のことをまじまじとブログで書く機会はなかったのですが、

懐かしい方からとてもタイムリーな質問メッセージを頂いたので、これも何かのタイミングと思い、

今日は 最近のレッスン内容について 少しお話しさせて頂こうと思います。

頂いた質問メッセージ

「なぜ今のボイトレに落ち着いたのか」

From:ほっとレモン さん

『にっとメガネさんこんにちは。

にっとメガネさんの事は昔ニコニコ動画で生放送等をやっていたり、SLS等を学んでいる時から知っていました

私は今フースラーメソードを武田先生から受けているのですが、にっとメガネさんもフースラーメソードを行っていた?ようなツイートを見た事があり、何故今のメソードの講師に落ち着いたのか気になります。

私も少しながら色々見てきた中、フースラーに落ち着いたのですが、何故今のボイトレに落ち着いたのか、要因を教えて欲しいです

にっとメガネさんがボーカルとしての技術が上がっているのがクイーンオブハートの動画から見ても分かりました。

理由を知った上で体験レッスンを受けてみるか検討したいと考えています。

また、フースラーを学びながら同時に学ぶ事で成長を加速させることが出来るのか知りたいです
(フースラーを学んだにっとメガネさんから教えて頂けるなら両立できるのではないかと考えています)

長文になり失礼致しました。』

お久しぶりですm(_ _)m

ほっとレモンさん。お久しぶりです&メッセージありがとうございます。

もう6~7年くらい前になるでしょうか?

配信中、コメントを下さった方の中に『お?僕の名前と似た雰囲気の人がいるぞ?』という記憶が強烈だったのと(笑)、当時からボイトレ関連の話題にとても興味を持って下さっていたので、お名前も鮮明に覚えております!

その節は、どうもありがとうございましたm(_ _)m

以前からのレッスンの変化

教わる、教える上で悩んでいたこと

はい。
僕も以前、SLS系の先生や武田先生(フースラー)にレッスンの相談をさせて頂いたり、自レッスンでも使わせて頂いたりしておりました。

同時に僕自身、各先生方に習っていた際は

  • 自分の持っている知識や技術だけじゃ、先生に頂いたアドバイスやトレーニングの正しいやり方がわからず消化しきれない
  • レッスン外で練習する際、目的の声を再現するのがあまりにも難しく、練習→成長&定着」というラインまで到達できない為、日々のモチベーションと効果を保てなかった

という、自分自身の「手札不足」を日頃から強く感じていました

新しく研究し始めたこと

そこでここ数年は、

過去に受講させて頂いたボイストレーニング等では取り扱っていなかった部分を0から洗い出そう!

「発声に関わる20個近いパーツ達(筋肉・軟骨など)を、自分の意思通り一つ一つコントロールして動かせるか」

という、もはやメソッド云々というよりも、そのもう一つ手前の段階にあたるトレーニングの研究をしておりました。

ですので現在は、「特定のメソッドを教える」ということは行っていません

あなた、VMTAメソッドの講師じゃないの?

資格はもってます。が、あまり気にしていません。

ライセンスを持っているVoiceerf Method(VMTA)というボイトレ含め、色んな勉強をしていく内に「ん?この指導だと矛盾が起きちゃうぞ?」と感じた箇所など、責任が持てないトレーニング方法や理論は生徒さんと自分のために、潔くバッサリ使わないことにしました

ライセンスの規約やネームバリューに振り回されて、目の前のレッスンがグダグダになる位なら「せっかく好きな仕事だしきちんと責任を持てる内容でレッスンをしたい」と思ったのでこちらのスタンスに切り替えました。

ということで、ここ3年位は事実上、無所属です(笑)

他メソッドとの相性について

あくまで

  • 僕の経験
  • レッスン中の皆さんの傾向

のデータに限った話になってしまうのですが、

  • フースラーであれば各アンザッツ
  • SLSであれば各ツール(トレーニング)

など、何気なく使っていたメニューたちを、一度

そのトレーニングは、どのパーツ達がどんな状態になることを想定した練習なのか

という風に、分解&理解した上でメニューにもう一度挑戦してみると

  • 「あぁ…こっちのパーツの動きは気にして練習してたけど、裏で勝手に動いてたあのパーツの動きは全然気にしてなかった…」
  • 「あぁ…、あの時の先生、僕にこんなことを言いたかったのか(して欲しかったのか)」

と、見逃していたor誤作動していた部分を自力で発見できるようになり、「自分の癖との付き合い方がわかってきて改善する」といった方が非常に多かったです。

そういう意味では今やってらっしゃるレッスンとの併用は全然アリだと思います。(むしろオススメしたいくらい)

※僕の方がOKでも、現行で習ってらっしゃる先生は「その併用はNG!」と仰ることもあるかもしれません。その際は、しっかり先生に理由をお伺いした上でご判断下さいませ!m(__)m

心境にも変化がありました

それまでも、

  • 「なぜ僕は、この声が出せてしまってるのだろうか…」
  • 「なぜ僕は、あの声が出せないのだろうか…」

といった不透明でランダムな要素が、常にストレスとなっていたのですが、

パーツ1個1個を見直していくようにしてからは、

  • あぁ、だから出せてしまってたのか!
  • あぁ、そりゃ出せないはずだわ…

に少しずつ変わってきたことで、歌うこともボイトレもどんどんストレスフリーになっていきました。

情報の鵜呑みも、やせ我慢も、巡り巡って体には全然良くなかった、というのがここ数年の僕の成果です(笑)

わからないことを見て見ぬふりせずに向き合っていくのは、とてもしんどく、とっても大切でした。

鉄は熱い内に打つのが一番いいよね

逃した機会はでかい

ほっとレモンさんへ

理由を知った上で体験レッスンを受けてみるか検討したい

とメッセージで仰っていたのですが、

ボイトレに限らず、もし気になるものに出会えたのなら、臆病になってお尻が重たくなってしまう前に、勢いをつけて飛び込んでみて下さい。

もちろん、その先は僕のレッスンじゃなくても構いません

どうにかして、鉄は熱い内に打ってください。

じゃないと次に打てるチャンスは数年後か、数十年後かもしれません。

投資・挑戦するのをケチった僕

僕も、今だからこんなに偉そうなことを言えるのですが、

臆病だったせいで、習っていた先生に気を遣って他のレッスンを受けに行くのを躊躇したり、先生にイライラされたくないからと、疑問や矛盾があっても質問しないようにしていた時期がありました。

そして次第に、色んなボイトレに挑戦するのが億劫になったり、すぐ手に入るネットの情報や教則本に振り回されたりしては、いつまで経っても成長の兆が見えず、深夜のTwitterで愚痴を吐き出すだけの日もありました。
(もしかすると、ほっとレモンさんは僕のその時期をリアルタイムで見ていらっしゃったかもしれませんね…;)

ただ、

無駄にしたその数年は、二度と返ってきません。

やれることはトライ&エラーしかない

どうか、知りたい気持ちを抑え込んだり、受け身になったりせず、どんどん自分の足と目で確かめにいってみて下さい。

それでクロが出るか、シロが出るかは分かりません。

が、どちらにしろ必ず次のステップに進む財産になります

独学だろうが、習っていようが、ボイトレ以外の事だろうが、

結局最後は、トライ&エラーをどれだけ自分で繰り返せるかです。

世の中のほとんどの人は、エラー(失敗)の恐怖に負けて、トライ(挑戦)する事を辞めてしまいます。

ただ逆を言えば、挑戦さえし続けれるなら、残りの一握りになれるのも間違いありません。
(もちろん「トライし続けれる環境」を作るのはもっと大事ですよ!)

一度きりの人生、楽しければ一瞬で過ぎるし、後悔すれば果てしなく長く感じるはずです。

僕もまだ人生一周目ですが、たぶんこれは間違いないです(笑)

一日でも早くすっきりした日が迎えられることを、和歌山の山奥から祈っております。

ここまで読んで下さったあなた様、

最後までお付き合い、本当にありがとうございましたm(__)m

この記事をシェアする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です