自分の顔を見ながら歌うと、声が出しやすくなる現象について

自分の声と実際の動きとのズレ

今日はお試しに喋ってみるよ。

内容のダイジェスト

  • 自分の顔をリアルタイムに見ながら歌うと、声出すのが楽になる&調整しやすくなる現象を紹介。
  • 顔を見ずに声を出してるときに比べると「今はどんな声を選べばいいか」がわかりやすくなる。
  • これまでの人生から脳は、「他人の顔や体の動き+声」という莫大なデータを保持してる
  • しかし、自分自身の顔を見ながら歌う&喋る経験はとても少ない
  • いざ自分の顔を見ながら声を出してみると「今の出し方が自分自身の顔にマッチしてない感覚やタイミング」に気づきやすくなる。
  • 好きなアーティストの声とのギャップを生み出してる思い込み(使い方の違い)も見えてくることもある。

おもしろかったので良ければ試してみてくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です