良いトレーナーさんの見分け方|ボイストレーニングの胡散臭さ&ジレンマ

正直くん

ちょっと言いづらいんだけど…

ボイストレーナーやってる人って「胡散臭い人」多くない?

この仕事をやっていると、本当にいろいろな所でこの言葉に遭遇します。

もちろん、色々と思う点はこれまでもあったのですが、まわりの目などもありなるべく口に出さないようにしてきた話題でもありました。

ただ今回はすこし勇気を出して、ぼくなりのアプローチでこのモヤッとした問題に触れていければと思っています。

すこしショッキングな発言もあるかもしれませんが、もし宜しければ、最後までゆっくり読み進めていただけると嬉しいです。

ボイトレの「胡散臭さ」を生む3つの原因

1. 実は「ボイトレの正解」は誰も知らないから

これはボイストレーナーに限らずの話なのですが、

正しい仕組みが判明してない事柄について、さも真実だと言わんばかりの口ぶりで「仮説」を語ってしまうトレーナーさんが多いから

というのが大きな原因だと感じています。(ぼくの後頭部に刺さったブーメランを誰か引き抜いて下さい)

2. 時代と科学が追いついてないから

現代科学の天才達が束になっても、喉や脳、体について解明できてるのはほんの数%のみ。

だからこそ、その情報を元にしたボイトレ理論も、僕たちがレッスンで使っているトレーニング方法も、どんなにそれっぽい内容に聞こえたとしても、それはすべて「仮説」の域を出ない話でしかないのです。(しかもその仮説達すら、日々覆され続けています)

しかし、「なるほど、それなら仕方ないですね」とは終わらないのが世の中の辛いところ。

3. 「ボイトレの先生」の虚像に振り回されてるから

世間的に「先生」という職業は なんでも知ってる&できる完璧な人 というイメージを持たれやすいです。

そして同時に、レッスンを受けにくる人は「きっとここには唯一の正解があるはずだ!」と藁にもすがる思いでボイトレ教室の戸を叩きます。

この2つのプレッシャーが積み重なることで、

  • 分からないのに分かるフリ
  • 出来ないのに出来るフリ
  • でも、食ってくためには後には引けない

そんな泥沼にはまる先生たちを、ボイトレ界隈は大量に生み出してきたように感じます。

だからこそ、

そんなとんでもない劣等感や葛藤を隠しながら「万能の先生」を偽っていれば溢れ出るハリボテ感から、胡散臭くなるのも仕方ないんです。

霊感ないのに霊能力者をやっているようなものなんです。(終わりの始まり)

実例「誰にも相談できなくて辛かった」

ボロボロになってしまうトレーナーもいる

いま現在、僕のレッスンに来て下さってる方の約1/3がボイストレーナーさんだったりします。

ただ、みんな抱えている悩みはだいたい同じで、

  • 自分の歌(声)が上手くいかない
  • 今の教え方じゃ生徒さんに効果が出ない

どのトレーナーさんも、当たり前のように自分の歌と声で悩んでいて、当たり前のように自分のボイストレーニング方法に疑問を持ってるんですよね。

それなのに、いざレッスンでは「すごい先生」の仮面を被り続けなければならないので、良心の呵責からボロボロになってしまったボイストレーナーさんらが沢山います

そして、腹をくくったトレーナーさんから『凄そうな先生の仮面』が外れると、ほんとうに色んなお話を聞かせて貰える。

ホンネ先生

「まわりの人に相談できず孤独で辛かった」
「お金を稼がなきゃいけないので、後には引けなかった」
「プライドが邪魔して、分からない とは言えなかった」

こんな言葉達を聞くたび、この仕事はホント恐ろしいなぁ…、と震えます。

そんな先生らに教えてる僕も「ポンコツ」

しかし、これがまぁ大変申し訳ないことに、もまったく同じ悩みを抱えてるんですよね。出来ないことは今でもいーーっぱいある。

ただレッスンでは、ぼく自身の過去の経験だったり、自作のボイストレーニングの実験結果だったりをそのままお伝えするようにしてます。

半分くらいは僕の失敗談だし、結構恥ずかしい話だったり、思い返すと消えてしまいたくなる様な黒歴史もいっぱいあるんです。

そんな話も、みなさん楽しんで聞いて下さるので、とりあえず良しとしてる。

それに、この色んな挑戦と失敗のおかげで、昔に比べれば自分の悩みはかなり減ってきました

が!

その悩みが0になる事はこの先も一生ないんだろうなー、とも感じてます。(人は欲深い生き物なのです)

なので正直、先生(ボイストレーナー)なんて職業はぜーんぜんすごくない(極論)

記憶を辿れば、どんなすごい人だってみんな大事故だらけの転びまくり人生のはずだと思う。

先生なんてものは、たまたまその分野で「先」に「生」きて悩み始めただけの人でしかない!というのが持論です。

まとめ:胡散臭さの原因は「虚像」にあり

  • 教える方・教わる方、ともに「先生」という虚像に振り回されてるせい。
  • 絶対なんてものは無いのに絶対を誇張してしまう
  • 本人と理想との「ズレ」が大きい人ほど、胡散臭さも大きくなる。

※隠れ本編「失敗しないボイストレーナーの選び方」

僕なりの方法だけど、参考程度に使ってもらえればありがたいです。

「先生も人間」

分からない事や劣等感があっても普通だと思う。

あと先生だって、新しい知識・技術・立場を手に入れると、まるで 自分が強くなったような勘違いをしちゃう ことだってある。(そしてだいたい痛い目をみる)

でも、そんな中でも、

嘘つきな自分から目を背けず、目の前の生徒さんから目を逸らさず、
なんとか変わってやろう、って戦い続けてる先生達のおかげで新しい技術が生まれてくるんだなぁ、とここ数年感じてます。

やっぱり、誰かが研究し続けないと技術は先に進まないんですよね。

だからこそ、凄そうな雰囲気で自分を着飾ってる先生よりも、分かることも分からないことも、どちらもキチンと話してくれる地味&無様にもがいてる先生を探すと、良い結果に繋がりやすいんじゃないかな?と思ってます。

たぶんですがそれは「教えてくれる先生」じゃなく「一緒に考えてくれる先生」な可能性が高いので、両者にそこまで差が無いのなら、ぼくは後者の先生のほうが圧倒的に”あたり!”だと思いますよ。

動画やSNS、文章だけじゃわからないことは沢山あります。ぜひ色んな所に突撃してみて下さいませ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です