「手作り濡れマスク」で喉を乾燥から守ろう!

保湿効果の高い高機能なマスク「濡れマスク

しかし、普通のマスクよりもちょっとリッチなので日常的に使うにはもったいない…

ということで。

今回は「濡れマスクを自作して安上がり保湿ライフを手に入れよう!」というブログです。

簡単に作れるので、外出時、睡眠時などぜひご利用くださいませm(__)m

材料

item
  • マスク(1枚=8円くらい
  • コットン(1枚=1円くらい
  • ホッチキス(100均で購入
  • おいしい水
  • お好みでアロマオイル各種

※「コットンが手元にない!」って方は厚手に折りたたんだティッシュでも半日くらいは持ちます。緊急時には代用してみて下さいませ~

作り方

マスクを広げます。(鼻に針金などが入っている立体型のものがオススメ)

open

 

マスクの中央(自分の鼻と口に合わせて上下に微調整してください)に乾いた状態のコットンを設置します。
(コットンが濡れているとホッチキスの針が貫通し辛くなります;)

set

 

針金などに注意しながらコットンの両サイドをホッチキスで固定します。
この際、針先はマスクの外側になるように注意して下さいませ。(顔を傷つけないようにする為

stop2

あと、薄手のコットンを使うと上下がクルッ!と丸まってくることがあります。
心配な人はコットンの角を4つともパチンッとして下さいませ。

 

finish

はい、完成!

濡れマスクはもう買いません!

装着の際は、コットンに水を少量含ませ
軽くティッシュでおさえ余分な水分をふき取ってからお使い下さい。

鼻づまりなどが気になる人は、スースーするタイプのアロマオイルをコットンに数滴垂らしておくのもアリです!

ただその際は、唇などに直接当たらないよう、
ホッチキスでとめる前にコットンの裏側に垂らしておくのがオススメです~

おわりに

マスクとコットンは薬局でお徳用を買ってきました!
(マスク60枚500円、コットン160枚150円)

濡れマスク1枚あたり10円くらいで出来ちゃうので市販の1/10の値段で済んじゃいます。

あと全然関係ないんだけど「ホッチキス」って名前はただの商品名で、器具の正式名称は「ステープラー」って言うらしいね。また一つ勉強になったね。

朝起きたら喉がカッラカラな人、
タバコや乾燥がひどい場所に長居しなければいけない人、など・・

喉&鼻をしっかりケアして、つらい季節を乗り切りましょう!!

この記事をシェアする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です