子育てが忙しすぎて、逆に快適になった友人の話

しびれた

先日、久しく話してなかった友人と通話する機会があった。

「子供ができて、自由に使える時間がめちゃくちゃ減った」

なるほど。よく耳にする話だ。

しかしその後の話がすごかった。

子供のやること全部気にしてたら身が持たない。
わずかな自由時間も、好きなことやるための元気がほとんど残ってない

だから、毎度体力と精神力を奪ってくる
“子供のやることに、変に目くじら立ててしまう瞬間の自分”
について考えるようになった。

すると「謎のこだわり」達に振り回されてる自分に気づいた。

こだわり始めた理由をさかのぼってくと、実はもう必要なくなった(のに捨てれずにいる)こだわりだったと分かった。

生活のしんどさと天秤にかけた結果、そのこだわり達は捨ててしまうことにした。

自分で生み出してたストレスが消えたので、日々がすごく快適になった

要約するとだいたいこんな感じ。

えぇぇ…すごすぎない?これって自力で気づけるもんなの??

たしかに彼の表情や話し方も、以前と比べてずっとスッキリした印象を受けた。

子供のおかげで浮き彫りになること

子育てで親が強くなる仕組み

「親になると人は強くなる」という言葉は知っていた。

しかし、てっきり

子供のことが最優先になる
→自分を抑制する力(我慢強さ)が向上する
ストレスに負けないやり遂げる力が手に入る

みたいな意味だと思ってたんですよね。

どうやら、ちょっと違ったみたい。

今回の話からまとめると、

仕組み
子供という「思い通りにならない存在」と一緒に過ごすことで、自分の中にあった「なぜかイライラしてしまうポイント」があちこちで浮き彫りになる

日々の子育てストレス&しんどさに耐えきれなくなった時、
「こんなに苦しくなるまでイライラしてるのはなぜ?そこまで気にしないといけない理由って?」
と、自分に刷り込まれてた矛盾(思い込み)と向き合うタイミングが生まれる

イライラを作り出してた思い込みが外れていく度に余計なストレスや足枷も減り、日々出来ることが増えていく(元気になっていく)

どうやらこんな事が起きてたらしい。

通常、色んな人間関係のストレスを何年も経験していく中で、自身を苦しめている矛盾の存在に気づく人は多い。

しかし子育て中は、その矛盾たちといっぺんに向き合うことになるので、めちゃくちゃストイックな短期集中コースを受けてるようなもの

まさしく「子は宝(神ツール)」なのかもしれない。(もうちょっとマシな言い方は無かったのか)

この方法のデメリット

しかしこの方法、かなりハイリスク・ハイリターンである。

親本人の持つ予備知識・取り巻く環境によっては、自身の矛盾とうまく向き合えずに消化されなかったストレス達が、ネグレクト・鬱・虐待などに繋がってしまう事もある。

さながら、ドラゴボールの超神水のよう。

この方法に成功した人の確率は、おそらく日頃出会う「子育てしながら昔より元気になってく人」と「子育てしながら昔より元気がなくなった人」との遭遇率が物語ってる気がする。

以下、ぼくの感想

子供・大人に限らず、「融通の効かない相手」を前にすると力技(圧力)で思い通りにさせたくなる人は多い。

だからこそ、自身の矛盾に気づいた&向き合う勇気を持った友人は本当にすごいと思った。

もちろん、
「自分の子供=話し合いが使えない、けど逃げられない相手」
という理由もあったのかもしれないが、それを踏まえたってなかなか簡単に出来ることじゃない。

だって「ひた隠しにしてきた自分の汚点」と向き合う作業なのだから、誰だって怖いし避けたいし

でもきっと、そんなことを上回るくらいの大変な毎日だったんだろうなー。と、しみじみしてしまった。

−−−−−👓−−−−−

あと今回、「子供のおかげで親が自身の矛盾に気づくタイミング」というのは様々あることが分かった。

  • 子供に接してる際「嫌いだった親と一緒のことをしてる自分」に気づいた瞬間に矛盾の存在を知る人
  • 子供が大きくなった際、これまで自身の矛盾を押し付けてきた反動に巻き込まれ、痛い目を見てようやく気づく人
  • 死ぬ直前になって、いろんな後悔たちを振り返る際に気づく人
  • 最期まで矛盾と向き合えないまま、次の世代(子供)に矛盾を引き継がせる人

もちろん、いつになろうと「気付けた&行動に移せた」のなら万事OKなのかもしれない。

しかしやっぱり、一度きりの人生だし気持ち良いままたっぷり過ごしたい。

だからこそ友人の話を聞いて、改めて「嫌なことを嫌だと思ってる理由」とはこれからも毎回きちんと向き合ってこうと思えた。

今回はすごく貴重な話を聞かせてもらったなぁー…。サンキューだよ!友人!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です